スキンケアの基礎知識

洗顔料は選び方を間違えないで。シンプルな固形石鹸がおすすめ

2017/01/26

 

洗顔料はクリームタイプ、リキッドタイプ、泡タイプ、固形石鹸などなど、さまざさまなテクスチャーの商品がありますね☆

私は今まで洗顔料に飽きるたびに違う商品に変えたりすることを繰り返していましたが、シンプルなスキンケアに移行してからは固形石鹸一筋です!
ところで、そもそも洗顔は肌にとってどのような役割があるのでしょうか?皮膚からでる皮脂が肌にどのような影響をもたらすのかも含めてみていきます。

 

 

洗顔の役割

洗顔の役割は皮脂や肌の表面についたホコリや雑菌を落として肌を清潔に保つことです。
自分の肌に合う洗顔方法で毎日古い皮脂を取り除くことで肌の老化をおくらせることが出来ます。ここが大切です!
古い皮脂を肌のうえで残したままにしない、ということです。基本的には朝起きた時と夜の入浴時、1日2回は洗顔をすることがベストです☆

また日中はメイクをして外出するので、気づかない間に皮脂だけではなく空気の汚れも付着しますね。この空気の汚れもしっかり落としておかないと、肌に雑菌が繁殖したり皮脂が酸化して余計に老化を進めてしまう原因になります。

一方朝の洗顔は必要性があるの?と思われる方もいらっしゃると思いますが、眠っている間でも皮脂が分泌されているので洗顔料を使ってくださいね☆特に乾燥肌の方は朝は水でささっと洗うだけ、という方もいますがこれもNGですよ☆

 

 

皮脂は肌で酸化します

皮脂とは肌にとってどのような役割があるのでしょうか?

皮脂は全身にある皮脂腺から分泌されています。特に頭皮や顔からの分泌量が多く30代を過ぎると分泌量は段々と減少しますがもちろん個人差があります。皮脂は大切な役割があり、皮脂の分泌により肌は弱酸性に保たれ雑菌の繁殖を抑えています。

雑菌の繁殖を抑えてくれてはいるんですが、皮脂は時間とともに酸化します。この「酸化」が肌には厄介なんです!
それは皮脂が酸化してしまうことで毛穴の開きやシワの原因になるからです。鼻の辺りの毛穴が開いてしまって困る!という悩みはよく聞きますよね。この毛穴の開きが目立ってくる原因は皮脂にあります。鼻の辺りが顔の中でも特に皮脂分泌量が多く、皮脂が酸化している状態なんです。

皮脂の酸化を防ぐためには適度な洗浄力をもつ洗顔料できちんと洗顔することです。

 

 

おすすめ洗顔はシンプルな固形石鹸

洗顔料を選ぶ際に気を付けてほしいことは、種類によって洗浄力が異なること。
ブランドやテクスチャーだけで選んでしまいがちですが、例えばミルクタイプの洗顔料は洗浄力が弱めの商品が多かったり、泡立て不要の手軽さが特徴の泡タイプの洗顔料は強い界面活性剤が多く配合されている場合もあっておすすめできません!

自分の肌質に合った洗浄力を選ぶことが大切なのですが、私がおすすめしているのは固形石鹸での洗顔です☆
固形石鹸は余計な添加物を含まないシンプルな商品が比較的多く、洗浄力も強いタイプから弱いタイプまであります。

ちなみに私はクレンジングも同じ固形石鹸を使ってW洗顔をしています!
私が使っている石鹸 → ブラックペイント120g
気になる方はこちら【公式サイト】毛穴を洗う塗る石鹸 ブラックペイント
 ご新規様限定!ブラックペイント半額!
私は基本的にナチュラルメイクなので、これでまったく問題ナシです♪

 

 

まとめ

洗顔で必要なのは「皮脂や汚れをきちんと落とす」ことです。
皮脂はとり過ぎてもダメ、とらなさ過ぎでもダメです。添加物が配合されていない固形石鹸を選んで、肌の汚れや余分な皮脂を毎日の洗顔で上手に取り除いて肌を弱酸性に保ちましょう。

よく保湿成分や美白成分が配合されている洗顔料もありますが、洗顔の段階でしっとりさせる必要はないですよ。逆にあとから肌につける化粧水や美容液の浸透を妨げてしまうので、美容成分が配合されている洗顔料を選ぶ必要はないです☆
そのことを心にとめて洗顔料を選んでみてくださいね。

 

 

洗顔の次は一般的に化粧水ですが、私は化粧水の前に「美容オイル」を使います!
美容オイルを使うと肌がふっくらやわらかくなります。
このオイルの特徴を活かしたスキンケア方法やオイル選びのポイントをみていきましょう。

植物の力を借りる「オイル美容」はとても簡単で効果大!

 

 

 

 

-スキンケアの基礎知識
-,