スキンケアの基礎知識

皮膚常在菌に着目した洗顔方法とは?

 

「皮膚常在菌」ってご存知ですか?
菌って聞くと、なんだか不潔なイメージがありますが、腸内に棲む菌が人間の健康を左右しているように、皮膚に棲む菌も肌状態に深くかかわっています。

では、皮膚に棲む菌はどのような細菌なのでしょうか?おすすめの洗顔もご紹介していきます!

 

肌フローラとは?

肌フローラとは、皮膚に棲む菌(皮膚常在菌)の生態系のことを言います。
肌フローラが整っていると、簡単なスキンケアでもすこやかな肌状態を保つことができます。余計なケアをしなくても肌はいきいきとしてきます。

 

肌には1兆個以上の細菌が棲んでいると言われています。その中でも肌に良い作用をする菌もあれば、悪い作用をする菌もあります。

 

皮膚常在菌の種類は大きくわけて3種類。

・善玉菌  肌にプラスに働く菌
・悪玉菌  肌にマイナスに働く菌
・日和見菌 環境によってはプラスにもマイナスにも働く菌

 

これらの菌が互いに肌で作用しあって肌状態を決めています。肌にプラスに働く善玉菌が多いほど、肌状態は良好になります。
善玉菌は皮膚から出る皮脂や汗から天然の保湿クリームを作り出して肌バリア機能を上げてくれる優れものだからです。

 

 

悪玉菌が増える原因とは?

肌フローラが乱れて、悪玉菌が増える原因もたくさんあります。

・皮膚常在菌が嫌う成分が入った化粧品を使う
・気づかないうちにストレスをかかえすぎる
・ホルモンバランスの乱れ
・睡眠不足
・運動不足
・バランスのとれた食事がとれていない

 

このように、肌フローラが乱れることで肌が乾燥してシワが増えたり肌トラブルが起こります。 スキンケアを念入りにしても思うような効果が出ません。

皮膚常在菌はすこやかな肌と切っては切れない関係なんですね。

 

 

肌フローラを整え、善玉菌の量を増やすには?

では、肌フローラを整え、善玉菌を増やすには、どのようなケアが必要なのでしょうか?

 

ポイントは3つ。

化学合成成分が配合された化粧品を極力使わない
善玉菌は皮脂や汗を食べることで、肌に良い影響をもたらす物質を作り出しています。自然界にはない化学合成成分を肌につけてしまうと、善玉菌のえさにならず、善玉菌が育ちません

 

・皮脂をとり過ぎてしまうクレンジング料や洗顔料は使わず、固形石鹸の洗顔に切り替える
固形石鹸は比較的添加物を含まない商品が多く、皮脂のとり過ぎを防ぐことができます。固形石鹸での洗顔が一番簡単に善玉菌を増やすことができます。

 

・肌に水分と油分をしっかり取り入れる
洗顔したあと、まったくスキンケアをしないという方はいないと思いますが、水分と油分はバランスよく肌に与えることが大切です。
ポイントはやはり化学合成成分を極力取り入れないように心がけること。おすすめは植物由来の美容オイルです。
【植物オイルが気になる方はこちらの記事 オイル美容のすすめ

 

 

肌フローラをはぐぐむ毛穴ケア

顔にはなんと、約20万個の毛穴があるそうです!毎日メイクをすることで、この20万個の毛穴に老廃物やメイクの汚れが詰まっているんです。想像するとその汚れはきちんと取り切れているのかな?と心配になりますね。

 

汚れが詰まったままだとどうなるでしょうか?毛穴の開きや黒ずみ、吹き出物などになりがちです。さらに、皮脂や汗がバランスよく分泌できなくなり、肌が乾燥してしまいます。

ここで、界面活性剤を多く含むオイルクレンジングに手を出してはいけません!「洗いすぎ、とり過ぎ」も、善玉菌を減らす原因になります。

まず、肌をリセットし、善玉菌を育むスキンケアに切り替えることが必要です。一気に肌をキレイにするのではなく、自然な肌のターンオーバーに沿って、少しづつ善玉菌を増やしていきましょう!

 

おすすめはブラックペイントの固形石鹸です!
クレンジングも兼ねて使えるすぐれもので、皮脂をとり過ぎず、洗い上がりの感触もすごく良いです。 なにより、紫外線吸収剤・合成防腐剤・合成着色料・合成殺菌剤・合成香料・合成界面活性剤不使用。お湯で溶かして顔にマッサージしながら塗る石鹸です。

こちらの記事で 石鹸を使った感想を書いています。
今なら 半額キャンペーンもしていますので、是非チェックしてみてください!

 

 

-スキンケアの基礎知識
-,