インナーケアのすすめ

美肌力アップにつながる!アロマを上手に取り入れる快眠のコツとは?

2017/02/02

 

良質な睡眠は美肌作りにはかかせません☆
でもただ眠るだけでは効果が得られないこともしばしば。

せっかく眠るなら美肌力がアップする睡眠を覚えて、眠っている間もスキンケアしましょう!

 

 

まず、効率よく美肌につなげるための睡眠のお話し。

 

睡眠の基本

肌のゴールデンタイム

睡眠の中でも「肌のゴールデンタイム」があることをご存じですか?
聞いたことがあるかもしれませんが、夜10時から深夜2時の間は肌のゴールデンタイムと言われています☆
この間に睡眠をとることで美肌に近づけるとされています。

これは、「人間の身体に刻まれた体内時計にしたがった生活をするべきだ」という昔からの考えに基づいているそうです。

また、肌がもっとも活発に生まれ変わる成長ホルモンの分泌が多くなる時間帯が、睡眠直後の3時間と言われています。

この2つのポイントをおさえると、早寝早起きの体内時計に合わせ、夜の10時くらいにはベッドに入って眠りにつくと美肌につながるということですね!

でもなかなか毎日10時にベッドに入ることって難しいですよね。なるべく遅くても午前0時までには眠りにつけるような生活スタイルを心がけてください☆

 

睡眠サイクル

睡眠には「眠りのサイクル」というものがあります。
こちらも聞いたことがあると思いますが、睡眠は眠りの深い「ノンレム睡眠」と眠りの浅い「レム睡眠」という時間帯があります。

このノンレム睡眠とレム睡眠は1時間半ごとに交互に訪れます。このことを頭に入れておくと目覚めやすい睡眠時間がわかりますよね。

簡単にいうと、寝始めはノンレム睡眠(眠りの深い)から始まります(1時間半)。
そのあとはレム睡眠(眠りの浅い)→ノンレム睡眠(眠りの深い)・・・これを交互に繰り返していきます。
そして、朝方、目覚めの準備に入りやすいのがレム睡眠(眠りの浅い)なので、理想的な睡眠時間は6時間や9時間といった感じで、3時間ごとになります。良いリズムで目覚めやすくなります。

ついつい二度寝してしまいがちですが(苦笑)次の睡眠リズムに入る前にがんばって起きましょう!

 

 

ということで、睡眠もただ眠れば良いってわけではないですね!
特に最近では寝る前までスマホをしたりパソコンを見たりする人ってとても多いと思います。
これをしてしまうと直前まで脳が活発に動いていることになるので、深い睡眠の妨げになってしまいます。
1日の終わりにはスマホやパソコンから離れて、間接照明だけにしたりアロマを焚いたりしてリラックスできる時間帯を作ると、睡眠へ入りやすくなります。

 

では、次に快眠につながるためのポイントのお話しをしますね。

快眠のための5つのポイント

メラトニンの分泌を促す

メラトニンとは眠りを促すホルモンです。
このホルモンは陽が落ちて目に入る光の量が減ると段々と分泌量が増えます。蛍光灯などの明るい光で照らされている部屋より、電球色などの温かい光で照明を落とし、部屋を暗くしてみましょう☆リラックスできて睡眠へ入りやすくなります。

個人的にはやわらかい光の間接照明やアロマキャンドルを取り入れて、ひとつの部屋を複数の照明で照らす多灯照明がおすすめです!

眠りにつく1時間くらい前から照明を落としてリラックスしましょう。

 

 

ストレッチなどの軽い運動を取り入れる

ヨガやピラティスなど、息の上がらない程度の運動もとても効果的です。出来れば眠りにつく1時間前までにゆっくりお風呂で半身浴をして、身体が温まった状態でストレッチすることで少し体温が上がります☆
眠りのスイッチが入りやすいのは体温が下がってくる時です。眠る前に適度なストレッチをしてからベッドに入ることで快眠につながります。

 

 

難しい内容の本を読んでみる

眠りたいのに眠れない時にも効果を発揮するのがコレ☆
あえて難しい本を取り出し読んでみる。
人間の脳は安定を好むので、難しい物事に直面すると脳が休む方向に働くのでおすすめです。

でも読み始めてみて、どんどん入り込んでしまうような本は夢中になってしまっているということなので、逆に脳が冴えてしまいます。
気を付けてくださいね!

 

 

ハーブティーを取り入れる

日中はコーヒーなどカフェインの入った飲み物を飲んだ方が脳が刺激され効率よく作業ができますよね!
夜は、逆にコーヒー、紅茶、緑茶などのカフェインを多く含む飲み物は控えるようにした方が良いです。

おすすめはハーブティーやホットミルク。特にカモミールティーは眠気を誘います☆

 

ブレンドティーでおすすめは百貨店にも入っている「ヴェーダヴィ」の  穏やかな夢 テトラティバッグ
ビターオレンジの優雅な香りに、レモンバーム、ラベンダー、スペアミント、ライムブロッサム(フユボダイジュ)がブレンドされていて、心を落ち着かせ、やさしい眠りに誘うハーブティーです。
ハーブティーも好みが分かれますが、気になる方は公式HPをチェックしてみてくださいね。

美容と健康のコンディショニングショップ【ヴェーダヴィ】

天然のアロマオイルを取り入れる

香りというのは快眠だけでなく、さまざまな面でとても効果があります☆
効能や香りの種類もとても多く、自分の好きな香りを探すのも楽しいですね!

特に快眠へと導くアロマオイルでおすすめは、ラベンダー・カモミール・マンダリンなどです。

アロマオイルを気軽に楽しむ方法としては芳香浴がおススメです。 天然のアロマオイルを使ってお部屋にやさしい香りを充満させることで、仕事のストレスなどからも解放されたり、ゆったりとした気分を味わうことができます☆

 

私がよく買っているショップ「マンディームーン」。こちらのショップは日本アロマ環境協会の認定を受けた質の良い精油とアロマのショップです。 アロマグッズ意外にもナチュラルケアコスメも豊富です。
メリットは、初めての方でも簡単にメール・電話・FAXで「カウンセリング」を受付してもらえるところ。せっかくチャレンジしてみても挫折しては意味がないし、カウンセリングも有効活用したいですよね☆

 

リラックスアロマ特集中です! ↓↓

 

おすすめ簡単アロマの楽しみ方

私はミスト(霧)が出るタイプの加湿器を愛用していますが、アロマ加湿器としての機能も兼ねているものを使っています(お部屋に置いてもインテリアになる±0の加湿器☆これお気に入りです!!) この加湿器に好きなアロマオイルを投入してリラックスタイムを楽しんでいます💛

±0 加湿器Ver.3 ホワイト XQK-Q030(W)

 

 

ほかの楽しみ方として、アロマポット(キャンドル式のアロマ芳香器)や、アロマランプ(電球の熱を使ったアロマ芳香器)などもあります。 もっと手軽に楽しみたい方は、マグカップにお湯を注いでアロマオイルを1~2滴たらしてください。ほのかに立ち上る蒸気で楽しめます。

 

ちょっとおしゃれに岩塩やサシェを使うとインテリアとしても素敵ですよね!




     アロマ入門(ビギナーの方必見ですよ)





 はじめてのアロマ入門 公式HP

 

まとめ

美肌には睡眠もとても大切!健康は肌へ近づけるためには、スキンケア・インナーケア・睡眠・ストレスフリーなど、いろいろな方面から自分を見直していきましょう。

良質な睡眠がとれることで、肌だけでなく身体の調子も気力もアップします!
栄養をとるよりも「睡眠をとる」ことの方が大切だと言われるくらいです。

睡眠時間は確保できているのに疲れがとれない、なんだかだるいという方も是非実践してみてくださいね☆

 

-インナーケアのすすめ
-,